スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

雨上がり 


雨がよく降っていて、外に出る機会が少なくなっています。梅雨だから仕方が無いんですけどね。
こんにちは、ベースです。

最近は一人DTMの前でああでもないこうでもないとやっている事が多いのですが、先日スタジオ練習前にギター宅にで作業をしたら恐ろしい速度で色々固まって……。それはもうすごい速さで。二時間ちょっと?
歌詞から曲を作ろうというテーマでやりました。互いに歌詞から咀嚼したイメージがあったから多分早かったのかな。でも一つ言えることは歌に焦点が当たった曲だな、ってことです。
まだこれからバンドでアレンジしていくのできっと更に色合いも変わっていくでしょう。「夜から朝へ」がテーマのものです。
活動再開までにどれだけの曲ができるかなあ。楽しみです。

5月のライブでやった新曲もそうなんですが、メンバーがどんどん提示してくれるのって本当に有難いね。前にもなんかメンバーに言ったけど、作ったものに対して三人賛同してくれる人がまずいるってすごく力強いです。バンドって本当に素敵ですよね。
もっと素敵にできるようしたいものです。


きっとそろそろ他のメンバーも何か書いてくれるだろうと期待しながら、今日はこんなところで。
スポンサーサイト

category: 日々徒然

TB: 0    CM: 0   

色を持たないと言うこと 

しゃしん


ようやく時間を見つけて読了しました。ベースの加藤です。

1Q84はなんだか終盤に納得いかなくてイマイチという印象を受けていたのですが、今回はわりと好感触でした。主人公である多崎くんが空白に悩み、その上で周囲との会話を経て成長していたのが大きいのかなぁ、なんて。少なくとも村上春樹作品の中で好きな部類に入るものでした。
あとは、なんていうんだろう……。
この作品を書くことが、自分を測るような役目になっていたんじゃないかな、とかも思って。鏡を見て自分の体付きとか髭の濃さとか髪の長さを測ったり、体重計で体脂肪率を見たり、言い方が上手くないけど健康診断っていうのかな。読者じゃなくて村上さん自身が。
1Q84で大きな物語を描き上げて、80年代を完結させた上で現代の空気を感じながら、現在の自分を捉える為に書いてみた。そんな作品に思えた。
実際は違うのかもしれないけどね。これからのワンクッションの為に必要になった上の一冊なのかなあって思いました。そんなに悪い作品じゃないですよ。


ライブを終えて、スケジュールとかの影響で一週間程お休みが空きました。
来週から曲作りとかアレンジとか練習が始まります。元々ライブを何度か行ったら「その空気を感じた上で曲を作ったり既存曲のアレンジをしたいよね」とかは言っていたので、意外と良いタイミングだったのではと思います。
ライブを経て「今欲しいと思う音」がそれぞれの中でまた出てきているだろうし、それをああでもないこうでもないと組み立てる時間が楽しみでたまらないです。

やっぱり、ライブをしていて、観てくれる人が欲しいという欲は出てきてしまうものだな、と。
良いメンバーで、曲で、演奏していて楽しいからこそ、周りにも知ってもらいたい。こんなに楽しいんだぞ! いいだろー!!みたいな(笑)
頑張っていけたらなあって思います。

では、また水面下に潜ります。ぶくぶく。

category: 日々徒然

TB: 0    CM: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。