スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

歌が響くだろう 

1368949280499.jpg


どうも、ベースの加藤です。

5/19のclub lizardさんでのライブが終わりました。本当に楽しい一日でした。出演時間が大分遅かったこともありましたがいい経験になりました。
他のバンドさんのライブもとても楽しく、いい刺激をいただくことができたな、なんて思ってたり。
メンバーとお酒でも飲みながらまた反省会でもしてみたいと思っております。

三月くらいに初めてライブのお話を頂けて、それから横浜、新宿、渋谷と様々な場所で出演させて頂きました。こうして改めて思い出すと「終わって二週間ちょっとでライブが決まっている」って本当に初体験で、あっという間だったけれど、今思うと引きずられっぱなしになってたなあと思ったり思わなかったりしています。ライブって難しい。
バンドとして形になっているのかもとてもあやふやで、多分、この先越えていくべきものがやっと「見えた」頃なのかな、なんて思っています。

聴いてもらうんじゃなくて、聴かせていかなくちゃならない。
自分達から一歩を踏み出すことも大切な風に感じ始めています。まずはバンドとして、いつかは聴いてくれる人と共に、足並みを揃えて歩けたら、それはとても楽しいことなのかなあ・・・なんて。
今後も頑張っていきたいものです。

さて、ライブも終わりまして、暫くメンバーの都合でまた潜ります。去年程では無いですが、二ヶ月ちょっとかな。八月か九月くらいにまたどこかで誰かに向けて音が鳴らせたら良いなと思っています。

これまでのライブ活動を経て各々がどんなアプローチを仕掛けてくるのか楽しみです。そろそろ腰を据えてじっくり聴かせる曲とかも欲しいところ。garageの四人の音をもっと深く深くまで鳴らせたら、更に面白くなるんだろうなあ。
今回やった曲とは別にもう一つできていた新曲も必ずやらないといけませんし!! あーライブが早くしたい!(笑)
八月くらいにまた是非会いましょう。

ブログやツイッターでの活動、音源製作でaudio leafその他に関しては行なっていきますので、ちょくちょく覗いてくださると嬉しいです。

では!


set list

2013 5/6
渋谷star lounge
1 コンセントレイト
2 センチメートル
3 a heroic tale
4 egoistic spangle
5 インディゴ

2013/5/19
横浜club lizard
1 コンセントレイト
2 a heroic tale
3 ステップアウト(新曲)
4 egoistic spangle
5 インディゴ
スポンサーサイト

category: 日々徒然

TB: 0    CM: 0   

ワン、ツー、スリー、フォー 



わりと久々に書きます。どうもベースの加藤です。

ミーティングと称した飲み会及びスタジオ練習を行なって参りました。色々と曲とか聴きながらつらつらと。

今年からライブ活動も始まった為、現在までのライブ録音を聴いた上での反省会がメインとなりました。スタジオからライブハウスという開けた場所へ飛び出したけれど、感覚の違い、ステージの使い方もそう。他のバンドの演奏を目にしたこともあってか、内容は大分深いところまで掘り出されていたように思います。
この反省を活かして、更にライブという場での響かせ方を意識できたら、もっと面白いことができそうです。楽しみ。

WEB上で簡単に発信ができる非常に便利な時代です。
音源として形になったもの、映像として残ったもの、ライブで実際に目にした物はどれも違っていて面白い。
しかしそうやって手軽に情報を取得できるようになったから今、それらの真偽を判断することはとても難しい。どれが正義か、どれが悪か、どれが真かどれが偽りか。手軽ということは、それだけ歪曲させることも手軽になったということを覚えておくべきなのではないかな、とか感じてたりします。

だからこそ、身体全体で感じ取る、実際の目と耳で聴く事は昔以上に大切になったのではないかなあとか思ってたりします。難しい時代になったなあ。
まあ、何が言いたいかというと、「音源聴いて好きになった? じゃあライブにも来てよ! 実際に聴いても好きになってほしいんだ!」って事です(笑)
沢山の人に間近で音を感じ取ってもらえたら、何かを補えたら、それって幸せだなーと。

ライブは来週の19日! これを最後に一旦ライブ活動を休止しちゃうので現状ラスト! これを逃したら二ヶ月以降先まで暫く聴けませんよ!
6月からはメンバーとかの都合とかもあり、再び作曲、アレンジ活動に集中するので、ライブ再開は8月とか9月くらいに(参加できるライブがあればですがw)なります!

楽しいライブになるといいなあと思っておりますよー!!





-- 続きを読む --

category: 日々徒然

TB: 0    CM: 0   

今更スターラウンジの振り返り! 

どうも。

最近、ギターが下手すぎることに気付いたので練習のためにイングヴェイ・マルムスティーンのFar beyond the sunという曲をコピーしております。

これはギターを始めたばかりの頃からいつか弾きたいと思っていた曲でして、いい機会なので挑戦してみることにしました。

まあ結果、雰囲気コピー程度が限界っぽかったんですが、

これを弾きこなせるようになった暁には一歩ウエノ男になってると思います。上野クリニック。





つーわけでギターボーカルの小波津です。GFOのブログに登場する頻度を増やそうキャンペーン実施中。

本日はですね、先日(4月29日)の渋谷スターラウンジさんでのライブを軽く振り替えってみたいと思います。



まず、お誘い頂いたスターラウンジ様、共演者の皆様、楽しいライブをありがとうございました!

一つとして似たジャンルのバンドがいないという非常に面白い企画でして、一観客として飽きることなく楽しめましたw

トップバッターの『Bioooo』さんは今回唯一のDJさん。初めて見るDJのライブパフォーマンスは新たな発見の連続でした。

『一丁目のロリータ』さんと『ガーターヴェルト』さんはベテランの風格とも言うべきライブパフォーマンスを披露。観客として楽しめると同時に、『ライブパフォーマンスとは何たるか』を考え直すキッカケとなりました。

そして『Svenish』さんは自分が大好きなジャンル(いわゆるミクスチャーやラウド、ヘヴィロック)のバンドさんでして、これもまた客として楽しめました。




さて、また例のごとくバンド内での反省会は行っておらず音源も聴けていないので自分の演奏だけの話ですが、

今回は冒頭でも述べた通り『ギター』の未熟さが解決すべき自らの課題だと感じました。

稚拙なテクニックは言うに及ばず、『コンセントレイト』のBメロなどで登場するブリッジミュート時のテンポのズレ、ギター本体をコイルタップした際における音量減少への対策、などなどギター全体における改善点に気付かされましたね。

逆に、『ボーカル』に関しては過去3回のライブでは一番よかったんじゃないかな、と思いました。まあ過去のライブが喉潰れてたり歌詞ちんぷんかんぷんだったりで酷かったんで一番良くて当然な気もしますが…。

前回僕が書いた記事で言った通り今回のライブには緊張感を持って準備、具体的には歌詞をしっかり覚えたりブレスのタイミングを考えたりといった準備をして望んだので、自分の歌唱力の限界はあるにしろそこそこ思った通りのボーカルが出来たかと。

なので、今回はボーカルよりギターに対する危機感を感じたライブになりました。

まあそれが冒頭のイングヴェイに繋がる訳ですが、イングヴェイ弾けてもテクニックのベクトルが著しく違う気がしないでもないですねw

あ、あとMCのグダグダさはバンド全体として由々しき事態だと思いますwww




そんなわけでライブの反省でした。

最後に、ライブの時に撮影した写真を一枚紹介したいと思います。


4月29日スターラウンジ


こちらが我々の物販ブース。

物販ではデモ音源を無料配布しております。また、次回のライブのインフォメーションなども有ります。

次回はフライヤーの配布も予定してますので、是非ともこの黒板を目印に僕らの物販ブースへお越しください。

ちなみに黒板の後ろの変態が不本意ながら僕。カメラを向けられると条件反射であの顔になるのをそろそろ何とかしたい。大人なんだし。

そしてその横にいらっしゃるのが、Svenishの皆さん。彼らとは歳が近いし趣味も合ったため、色々とお話させてもらいました!

そして彼らが持っているのは、ライブ会場で販売中のミニアルバム!自分もサンプル版を頂いたのですが、曲のクオリティも高く非常に楽しめました!個人的には『19』という曲がお気に入り。この曲はYou Tubeでも聴けたと思うので良ければ聴いてみてください!

と言うわけで、最後はSvenishさんのステマも兼ねた物販ブースの紹介&オレの恥さらしでした!




次回は5月19日、横浜Club Lizard!

現状これが決まっている最後のライブになりますので、ちょっとでも『気になるな~』って方は是非ともご来場下さい!

元町中華街で、僕と握手!

ノシ

category: 日々徒然

TB: 0    CM: 0   

4/29 渋谷Star Loungeありがとうございました。 

4/29に渋谷スターラウンジでライブをしました。

スタッフの皆さんをはじめ、Biooooさん、Svenishさん、一丁目のロリータさん、ガーターヴェルトさんありがとうございました。

音楽やってる人って本当にいい人が多い。
ライブに出て色々な人と話すたびに思います。
人との交流が得意じゃなくても初対面の人と会話できるのはライブ効果ですね。


あ、名乗ってなかった去年のレコーディングの記事以来息をひそめていたドラムです。
あけましておめでとうございます。


今回で3回目だった訳ですが、毎回ほかの出演者さんを見ると自分たちにはないなと思うことがたくさんあります。
それとライブで演奏を人に見せるということはどうしても難しい。

個人的に、音楽を作るのと自分で演奏するのは別に切り離したっていいそれぞれ別個の音楽活動だと感じます。
そのどっちも卓越してるミュージシャン(ライブにおいては技術だけでなく見せ方の面でも)が普段私たちが聞いているようなバンドなんだと思うけどそれはまあ別の話で…


わざわざ人前で演奏すること、見せることを選んだからには自信を持ってお見せしなくてはならないと思うのですが、これがなかなかどうも大変です。
(すでに舞台に立っておいて言うようなことじゃないけど…)

ライブをするとはどういうことか?その目的とは?というのは我々の間でもたまに話題になるテーマですが、発表の場が持てることに感謝しつつ、どういうステージを作りたいかを話し合ってそれに近付けたらと思います。


あと、ライブに行くと思うのは、このバンドでやりたいこと、できそうなことってまだまだたくさんあるなあという「可能性」の部分です。
次の5/19のライブが終わったらまた新しいことをやってみる時間もできると思うので楽しみに思います。
やらなきゃいけないのにのびのびになってる作業もやる!


ということでもしお会いできたら横浜クラブリザードでお会いしましょう。


category: 日々徒然

TB: 0    CM: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。